1. HOME
  2. 企業情報
  3. 会社沿革

企業情報

会社沿革

Company history

会社沿革イメージ
1985年 4月 東京都目黒区五本木2-22-7にアクト電子株式会社を設立
※資本金700万とする
10月 レーザドップラ方式速度・回転ムラ測定システムを開発
1986年 3月 東京都目黒区中町1-23-6に本社及び工場移転
8月 ワウ・フラッタメータを開発
1988年 6月 ※資本金1,000万円とする
1989年 4月 レーザドップラ方式振動測定システムを開発
東京都新技術助成金制度に合格
1990年 3月 武蔵小杉事業所を神奈川県川崎市中原区新丸子東2-895-15に開設
ポリゴンスキャナ用ジッタアナライザを開発
5月 ギヤ伝達誤差測定システム装置を開発
12月 レーザ・ドップラ方式測長計を開発
「ベンチャーエンタープライザスセンター」より債務保証融資制度に合格
1991年 6月 鉄鋼用中径管鋳片速度・長さ測定システムを開発
1992年 2月 ダイナミックレーザ・スケーラを開発
日刊工業新聞主催新技術新製品賞受賞
1993年 5月 鉄道向自動遊間・レール長測定システムを開発
1994年 3月 鉄鋼向熱間熱延用速度・長さ測定システムを開発
1995年 2月 ポリゴンスキャナ用ジッタ面倒れ解析装置を開発
1996年 6月 レーザドップラ方式リバースタイプの速度計を開発
1997年 6月 CD/MD/CD-Rジッタメータを開発
1998年 3月 ワイヤロープ切断測定システムを開発
6月 ※資本金2,200万円とする
1999年 3月 屋外一体型カメラを開発
6月 CDジッタメータ校正器を開発
2001年 5月 新幹線移動距離測定装置を開発
2003年 2月 CD/DVDジッタ校正器を開発
2004年 5月 鉄道レール断面形状測定装置を開発
2005年 3月 レーザドップラ方式2chの速度計を開発(FDA/CEマーク海外認証取得)
2006年 11月 神奈川県川崎市中原区宮内 4-7-16に社及び工場を移転
2007年 3月 マルタイ施工自動制御装置を開発
4月 光ピックアップ調整用コンパクトサーボユニットを開発
2008年 8月 光ピックアップ用評価メカを開発
2009年 12月 レーザドップラ センサ・信号処理器デジタル化を開発
2010年 2月 電車車輪磨耗測定装置を開発
9月 マルチスコープ(6画面オシロスコープ)を開発
12月 自動車のエンジンルームで使用可能な超小型ドップラセンサを開発
2011年 5月 低価格版 レーザドップラ速度・長さ計を開発
2012年 9月 レーザドップラ コンパクト2ch及び、小型高感度センサを開発
鉄道向け高精度車速・移動距離計を開発
2013年 3月 レーザドップラ速度計が「川崎ものづくりブランド」に認定される
鉄道気動車向け「燃料漏れ検知装置」を開発
2014年 2月 新型マルタイ施工自動制御装置を開発
レール継ぎ目検知センサを開発
新型レール断面形状測定装置を開発
7月 自動車及び、インフラ関係向け、車速・移動距離計を開発
2015年 5月 レーザドップラ速度計による車両走行軌跡・測定システムを開発
2016年 5月 鉄道向け低価格版 車速・移動距離計を開発
7月 高感度ノイズメータを開発
2017年 2月 トロリー線摩耗測定装置を開発
非接触式レール距離測定器を開発
2018年 2月 レーザドップラ 追従型信号処理器を開発
10月 レーザドップラ クラス3Rセンサを開発
2019年 2月 鉄道向けレーザドップラ クラス3Rセンサを開発
レーザドップラ 追従型信号処理器1μ分解能を開発
12月 自動車向け レーザドップラ 高速度対応信号処理器を開発